ウォーターサーバーがほしい!

ウォーターサーバーとは何でしょうか?特徴や普及した背景などを解説しています。

誰もが一度は目にしたことがあるはずウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーイメージウォーターサーバーとは、ミネラルウォーターなどが入った容器が上部等に設置された機器で、安全でおいしい冷水や温水が手軽に利用でき、おもに飲料や料理としての用途で使われるものです(参考:左画像)。

人の集まる待合室やオフィスなどに幅広く設置され、簡単に安全な水が飲めるようになっている光景を見かけることも多いのではないかと思います。最近ではその「安全性、便利さ、コスト」などから一般家庭でも多く利用されるようになっています。

ウォーターサーバーの主な特徴

特徴イメージウォーターサーバーの主な特徴は以下の4点。

  1. おいしい
    使用される水はミネラルウォーター・天然水ですから、カルキ臭い水道水と比べて格段においしいのは間違いありません。
  2. 手間がかからず利便性が高い
    ペットボトルのミネラルウォーターをスーパーなどで購入すると、重い水を運ぶ手間がかかりますが、ウォーターサーバーの水は宅配なので手間がかかりません。また、冷蔵庫や電気ポットがない場所でもいつでも温水・冷水が利用できます。
  3. ペットボトルで買うのと同程度のコスト
    ペットボトルでのミネラルウォーターを購入するのとほとんどコストは一緒です。

ウォーターサーバー普及の背景

日本以外の国の水道水をそのまま飲むのは危険ですが、日本の水道水は「世界一安全な水」と言われ、世界で数少ない水道水を飲める国として、これまで飲み水として水道水が利用されてきました。しかし、今では水道水をそのまま飲み水として利用することは少なくなってきました。アンケートでは約70%の人が水道水を「ほとんど飲まない」または「全く飲まない」という結果が出ています。

これは水道水の「安全性と味」に関しての不満が広く一般的になったことが原因だと思われます。各家庭に届く水道水は塩素で殺菌・消毒されています。そのため微生物などの影響はないかもしれませんが、利用される塩素は本当に安全なのか多少の不安は残ります。もちろん塩素は問題のない濃度ということですから、安全といってよいのだと思いますが完全に不安を消し去ることはできません。

また、この塩素が日本の水道水の安全性を保障しているのですが、水の中の有機物やアンモニアなどが塩素と反応すると「カルキ臭」が強く感じられるようになります。このため水道水が「まずい」と感じるようになるようです。

そこで、海外では常識だった「水は買うもの」という意識が日本人にも強くなり、より美味しく、そして安全な水を求めるようになりました。ペットボトルで水が発売された当初は「誰がお金を払って水を買うんだ?」という意見も多く聞かれましたが、今ではペットボトル入りのミネラルウォーターは一般的になっています。

ただし、料理や飲み水として頻繁に使う水を毎回ペットボトルで買うのには手間とコストがかかります。そこで手間をかけずコストも安く抑えられるウォーターサーバーが広く普及し始め、今では公共施設やオフィスから一般家庭まで数多く利用され、その使い勝手の良さから満足度も非常に高いようです。

 

ウォーターサーバーを探す
一度使うと手放せなくなると評判のウォーターサーバー。
さっそく自分にピッタリのモノを探してみましょう。
おすすめウォーターサーバー エリア別ウォーターサーバー デザインから選ぶ
ウォーターサーバーを探す
ウォーターサーバーを知る